高台寺・圓徳院推奨品






桃山爛漫


高台寺推奨品

高台寺

圓徳院推奨品

圓徳院

【鳥獣文様について】

鳥獣文様綴織陣羽織(重要文化財)

 鳥獣文様綴織陣羽織は、豊臣秀吉の所用と伝えられている。表地には綴織が用いられているが、もともとこの織物は、ペルシャで宮廷用として織られた絨毯で、絹に金・銀糸を加えた絢爛たるものである。
 ポルトガル船によって日本にもたらされたと考えられ、当時南蛮渡来の珍奇な品として陣中で綺羅をつくさんが為に陣羽織に仕立てられたのであろう。そこに見る獅子が獲物に襲いかかる動物闘争文は、ペルシャの勇猛な文様が陣羽織にふさわしいと思われたのであろうか。異国の文様を身にまとい戦場に赴かんとする桃山武将の旺盛な意欲が感じられよう。
 この度、この鳥獣文様綴織陣羽織(高台寺所蔵)の一部を西陣織によって再現いたしました。

監修 京都高台寺
制作 京都洛齊
鳥獣文様解説
高台寺