家紋とは自らの出自(家系・血統・家柄・地位)をあらわすために平安時代から用いられてきた紋章を家紋といいます。
 昔人々が読み書きできる人口が少ないときに人目でわかる紋章が重宝されました。
 現在日本には41種類5100個以上もあるといわれ全家に一つ以上の紋があるといわれています。
 そんな自分たいしてかかわりのある日本ならではの家紋を身に付けてみませんか。あなたが今いるあかしの紋章です。

あなたの家に伝わる家紋をご存知ですか?
家系をあらわす家紋を身につけましょう。

文字盤のゴールドも他社には真似の出来ない高級感あふれる仕上がりです。
材質は真鍮に国産の金メッキを施したものにエポキシ樹脂で被せています。丈夫で末永くお使いいただけます。
写真は、お使いのディスプレーや、エポキシ樹脂のレンズ効果のため、ひずんで見える場合がありますが、外形や紋様の円なども真円です。



↑クリックすると一覧画面に変わります↑